CONSADOLE SAPPORO — Season Pass 2009

コンサドーレ札幌 — Season Pass / 2008
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]/Minami Mabuchi[馬渕 みなみ]/Ryo Fukusawa[福澤 遼]
Printing Director:Yuki Ishiba[石場 祐紀]
Client:Hokkaido Footboll Club[北海道フットボールクラブ]

100211_consadole12

デザインコンセプトは「闘球」。
闇の中にじっと身を潜めるレッドとブラックのボール、
シャープでエッジのとがったタイポグラフィーが醸し出すピンとした空気感・緊張感は
いかにも攻撃的で、今にも相手のゴールへと襲いかかりそうな雰囲気を持っています。
この「闘球」がけり出された瞬間、つまりキックオフされた瞬間が
コンサドーレの新たな挑戦へのRE-STARTです。

ケのためのハレ

アフタートークビルにて餅つきでございます。
幼少時代にやった記憶がうっすらとあるぐらいで、最近はめっきりでした。
子供も大人も男も女も似合う人も似合わぬ人も、
そして自分もつかせていただきました。
そしてついたらすぐに食べる。
なんか清められた気がします。

餅はハレの食べ物。
ハレはケのために、ケはハレのために。
この儀式で来年のケが晴れるといいなぁ。
その後はまたケの世界へ。

by 上田亮 from Sapporo

ケッコーグリーン

チキンペッカーのサインが先日完成したので、
夜の現場を見にに伺いました。
サインの形状は過去にあったものを利用し、デザイン替えですが、
内照式サインのグリーンもライティングされた看板のグリーンも
やはり夜の方がビビットで美しい。
とても目立ちますね。

夜でもお客さんはたくさんいました。
クリスマスはチキン、
チキンペッカーもイブの夜には一角がお客さんの列でいっぱいになり、
近年は警備員が配備されるほど混み合うそうです。

by 上田亮 from Sapporo

座れるキーボード

前から欲しかった、ロス・ミクブライドデザインの
「Command Sit-chair」というキーボードのキーの形をした椅子を頂きました。
日常の中で見慣れているキーボードもスケールを変える事で全く違うアイテムに生まれ変わる、という発想が好きです。
角のアールがかわいいんですが、スケールが変えるときにそのあたりも調整してるのかな?
事務所の特等席、窓辺のサインの下に置くことにしました。

by 上田亮 from Sapporo

“Natural Style Graphics” — PIE BOOKS [2008]

PACIFIC TOWER SAPPOROの仕事が「ナチュラルスタイルグラフィックス」に掲載です。
札幌からは寺島さんや目谷さんの作品も掲載されています。
目谷さんの「こころ」の通い帳がとても素敵。葉っぱのスタンプがたまっていき、最後に小鳥で完成です。
やさしいデザインです。

「ナチュラルスタイルグラフィックス」
出版社:PIE BOOKS

by Ryo Ueda from Sapporo