ヨハン・ファント[Johan Fant]という男

COMMUNEブログにスウェーデンのストックホルムから記事を上げてくれているJohan Fant[ヨハン・ファント]のプロフィールをAbout内にアップしました。プロフィールついでにJohanと自分について少し。

海外に住むと実感することなんですが、自分のアイデンティティは日本という国やその文化に多くを依存してるんだなぁと思います。そして海外にいるといかに自分が自分の国や文化について無知なのかを思い知らされます。そして日本人以上に日本人らしいスウェーデン人Johanといると、さらに思い知らされる訳です。実際、映画「うなぎ」や「花火」、「ポストマン・ブルース 」や村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」も彼から勧められましたし、今でもドラマなんかはスウェーデンにいる彼の方がなぜかよく知っている始末です。

とにかくネットや映画や漫画や友人など、あらゆることで日本について地道に勉強し続けたJohanが今、日本語教師として日本に興味を持つ多く教え子を抱えるようになったのは頷けます。それはもう彼にとっては自分のルーツを捜す旅、いや前世の自分を探す旅のようなものなのかもしれません。それぐらいの強い衝動と熱意をひたすら日本に傾けてきた結果といえるでしょう。

そして、この春には仕事で教え子を連れて日本にやってきます。それは彼にとって、1つの夢を実現したと言えるのかもしれません。これからさらに日本に関わることを生業として、あっちとこっちを行き来しまくって、もうほぼ日本人と呼んでもいい日が来るのは時間の問題なんだろうな、なんて思ったりもします。

1998年、自分が留学で初めてスウェーデンを訪れた際、ストックホルムのKというバーで出会ってから11年。その頃彼はまだ日本語の勉強を始めてそれほど立っていない頃、僕に至ってはスウェーデン語を始めて数日だった頃、20歳の時でした。そこから無口なスウェーデン人と自己主張の強い日本人との関係は始まり今に至ります。そこにはお互いにとって決して切り離すことができないスウェーデンと日本というものが媒介していますが、今はそれぞれ少し大人になり、彼は教師に、自分はデザイナーに。会う頻度は減りましたが、今も昔も変わらずつきあえる確実に親友と呼べる友人の1人です。

彼の発する言葉は少ないだけに重みがあります。大学時代の恩師が言っていた、「その国の文化を知るということは、○○人という言葉でひとまとめにできる一般論ではなく、一人の人生を深く知るということでしか理解し得ない。」という言葉を思い出しました。Johanはきっとこれからも日本人にきわめて近いスウェーデン人の視点で、確かな言葉を持ってストックホルムと日本にまつわる比較文化論とも呼べるような記事をCOMMUNE BLOGに上げてくれると思います。そして彼の上げてくれる記事を通してスウェーデンを少しでも知ってもらえるといいなと思います。こうご期待。

by 上田亮 from Sapporo

事務所拝見できます。

JAGDA[日本グラフィックデザイナー協会]のウェブサイトがリニューアルしてしばらく立ちましたが、今、JAGDA2009新人賞を受賞された岡田さんの「おばけ」がタイトルバナーを飾ってます。寺島さん、ワビサビ中西さんに続き札幌で3人目。日本で活躍されている多くのデザイナーが受賞を目指している中、札幌のデザイナーが3名も受賞したということは事実として素直に喜んで良いような気がします。

しかし、このJAGDAの新しいウェブサイトはなかなか良くできてます。わかりやすく、細部のモーションも心地よい。そして「WHO’S WHO」のコンテンツでは会員の作品を検索することができるなど、JAGDA・JAGDA会員の情報が外に向けてオープンになったというのが良いなぁと感じています。

そして、クリエイターの仕事場を紹介する「CREATOR’S WORKSPACE」にCOMMUNE事務所が掲載されております。僕で4人目、ほかの方の事務所の立派さに比べると、手作り感溢れるすごく素朴な事務所ではありますが、たくさんの人達の力を借りて作った心地よい空間です。そして、その空間をフォトグラファーの藤倉さんがすごく良く撮ってくれました。藤倉マジックです。この写真はCOMMUNEウェブサイトにも載せていないので、是非見てみてください。

by 上田 亮 from Sapporo

テキスタイルで作った巨大なアート

この間、ストックホルムのDöbelnsgatan36にあるギャラリーで、芸術家・写真家、Martin Halaskaの展覧会がありました。Martinはまだ30代半ばという若さにもかかわらず、もう15年間以上、自分の父親から受け継いだユニークな技法を使って、独特なスタイルでアート作品をつくり続けています。


Martinの展覧会

Martinのアートとは、テキスタイルで出来ているもので、堂々とした巨大な似顔絵と抽象的な絵がメインです。


Martinの抽象的な絵

先ほども言いましたが、Martinの技法について簡単に説明してみます。最初は巨大なキャンバスに、時間をかけて何千本もの毛糸などのテキスタイルを重ねあわせ、モチーフを作っていきます。そして、何万本もの針でモチーフを固定してから、機械を使ってモチーフをプレスして完成です。モダンなタペストリーの一種と言ってもいいかもしれません。(説明がうまくできなくて申し訳ありません。詳しくはMartinのウェブサイトをご覧ください。)


Martinが使っている素材

この独特な技法と素材のおかげかもしれませんが、Martinの作品は遠くから見ると写真に見えますが、近づいたり別な角度から見てみると、普通の絵以上の深みと暖かさが感じられます。いや、むしろ絵が生きているようなその印象に驚くと思います。


Martinの展覧会

今まで絵のモチーフとなった人の中に、映画監督のミロス・フォアマンやチェコ共和国前大統領のヴァーツラフ・ハヴェルなどがいますが、依頼を受けて似顔絵を作ることもあります。

by ヨハン・ファント from Stockholm

僕の虹色の人生

先日、3年半、月に約2回のペースで続いていた雑誌の仕事が最終回となりました。独立して間もない頃、「人生すごろく」という仮称で提案した企画でした。内容は毎回1名づつ、その人のそれまで歩みをすごろく形式で追っていくというもの。カメラマン、家具職人、女優、蕎麦職人、陶芸家、ダンサー、米農家、映画監督、メイクアップアーティスト、シニアソムリエ、侍、料理人、オーロラ写真家、野菜ソムリエ、ショップ店長、農家などバラエティに富んだ人生、個性に富んだキャラクターの方々を計40名取材させていただきました。3年半でホントに色々ありましたが、とても楽しいお仕事でした。何より、この取材で出会った人たち、そして一緒にお仕事させていただいた編集のTさん、ライターのHさん、カメラマンのHさんとKさんとの出会いが財産になりました。

色々な人の人生の一端を見せていただいて感じたのは、人の人生に方程式や明確な答えは無いということ。人それぞれ、ただその瞬間にある色で人生という紙を染めていくイメージ。その紙は、その人オリジナルのグラデーションになる。時々、ふと自分の人生がすごく地味な色のグラデーションに染まってしまっていると感じたり、色々な色が混じりすぎてどこか濁ってしまっているような感覚に陥ることもあるかもしれません。
でも、自分を含め40人の人生をみていると、その時々の色はあるとしても、その先にいくらでも違う色の自分を見つけられるような気がします。子供の頃に描いていた自分の人生って、まだどんな色にも染まることのできるという意味で、虹色じゃなかったです?またそんな未来をを想像して先に進んでみるのも良いのかもしれません。

by 上田亮 from Sapporo