夏の想い出。

今朝、やっとのことでベッドから抜け出し、窓の外に目をやると一面雪景色。どおりで寒いわけですね。寒がりで冬嫌いの私は今から春が待ち遠しく、あたたかかった頃の想い出を胸に半年間がんばっていこうと思います。

写真は今年の7月、ファイヤープレイス協会に所属するタキビスト藤倉さんや普段お仕事やらプライベートやらでお世話になっている方々をお誘いしての朱鞠内湖キャンプの様子です。藤倉さんの所属するファイヤープレイス協会でもろもろのキャンプ用品をお借りした後に羊とたわむれつつ、おいしくいただきつつ、夜は焚き火と湖散歩。朱鞠内湖は人造湖なので、湖のところどころに点在するちいさな無人島が印象的でした。食事も藤倉先生がアウトドアビギナーの私たちに腕をふるってくれたおかげでアウトドアならではのとっても豪華なものに。なかでもキャベツと豚肉をダッチオーブンでコトコトする料理が絶品で、マイダッチオーブンが欲しくなってしまいました。そして半袖なんて着てる4ヶ月前の自分がうらやましい!キャンプ行きたい!また行きましょうね、みなさん。

This morning to get out of bed and look out the window, it was totally covered by snow. That’s why so cold. I hate winter because of this cold. I look forward to spring, put my best memories in my mind for next six months.

These photos are in last July. We went to Camp to Lake Shumarinai invited people who work with us and friends and also Mr.Fujikura who is member of fire place Association. After we borrowed all sorts of camping equipment from fire place Association, play with sheep then did BBQ. At evening, We did campfire and night walk. Lake Shumarinai is artificial lake and having small islands was impassive. Cuisine was delicious because Mr. Fujikura was outdoor teather. Superb food was in a Dutch oven with the pork and cabbage, I really wanted my Dutch oven. Also I envy 4month ago me wearing just t-shirt. Let’s go Camp again everyone!

by Manami Inoue from Sapporo

小さな旅へ、明日旅立ちます。

今日、11月26日22:00からNHKで放送の、「Small Trip -ちいさな荷物で週末旅-」。トラベラーはPIZZICATO FIVEでボーカルを務められていた野宮真貴さん。本、カメラ、音楽、手帳を手に、小さな旅に出かけられました。撮影は翼さん&音楽はLifetoneのTOKUさん。COMMUNEはグラフィックでお手伝いさせていただきました。映像は全編デジタル一眼で撮影された北海道初の番組だそうです。是非ご覧ください。12月25日には全国放送も決定しているそうです。
 

 
From Today on air at NHK program called “small trip”. The presenter is Maki Nomiya who was vocalist at Pizzicato Five. Only going on small trip with book,camera,music and diary.
Photographer was Tsubasa, music was Toku from Lifetone and Commune did graphics. It was first TV program in Hokkaido which is all shots taken by single-lens reflex digital camera. Please check it out. It will be televised nationwide from 25th Dec.

by Ryo Ueda from Sapporo

Katsuya Ishida — Business Card

Katsuya Ishida — 名刺 / 2010
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]
Printing Director:Manami Sato[佐藤 麻奈美]
Client:Katsuya Ishida[beatimage]

空間とコミュニケーションをコンセプトに、映像を中心にした制作やプロデュースなどを行う石田さんの名刺。受け取る人に映像のイメージを残す、そんな名刺を目指した。映像は光と時間による情報。時間を掛けて蓄積した光が、暗い場所で発光し、受け取った後も日々、光を集め主張し続ける。

This is business card for Mr.Ishida who is Visual producer using space and communications. The card’s concept was “leave a persistence of vision to the recipient”,. Visual is information through light and time. Storage light become luminescence in dark place and keep remember to the recipient.

by Ryo Ueda from Sapporo

気持ちを豆に。

上田さんからの東京土産。水をあげると、感謝の言葉がにょきにょきと。数日前にパカッとひらいて、今では50cmくらいまで背が高くなりました。お返しに「WELCOME」と書いたピーナッツを渡そうとたくらんでいたのですが、殻付きが近所で手に入らないのでいまだ実現できず。時間があいてしまったので、もう少しおもしろいこと考えなくちゃ。

by Manami Inoue from Sapporo

札幌はすーすーす

昨日から福岡から札幌にいらしているDEE LIGHTSの石田さん、草場さんからのおみやげ。いちご大福大好きな上田さんをお気遣いいただいての、今が旬の柿大福です。3人でおいしくいただきました。ごちそうさまでした。

石田さんは今年2回目の開催を迎えた(社)日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)福岡地区主催のブックカバーエキシビション「BOOK at ME」の運営に携わっている方。お2人にとっては初のスープカレーをもぐもぐしつつ、イベントのおみやげ話をたくさん聞かせていただきました。「BOOK at ME」は、クリエイターが制作したオリジナルブックカバーの無料配布と恐怖(笑)の人気投票を一般の方々に向けて行うイベント。その他にも、その場でプロのカメラマンさんが顔写真を撮影し、それがブックカバーになっちゃう「FACE at ME」や、いらない本を物物交換する「BOOK BOOK こうかん」などなども行う幅広いイベントになり、大成功だったとか。石田さんいわく「福岡と札幌って、ちょっと似てるよね」だそう。うーん、札幌でも内輪だけで盛り上がるんじゃなくデザイナー以外の方々を巻き込んでいけるイベントができたらなぁ。いいなぁ。

ちなみにタイトルは、「札幌はすうすうする(肌寒い)」という意味の博多弁。石田さんに教えていただきました。このほかにも「とっとっとー」など、博多弁ってかわいかよね。

Mr.Ishida is exhibiting Book cover exhibition called “BOOK at ME” at Fukuoka area. They told us about the exhibit details or customer’s response while eating Soap curry (soup curry is local food in Sapporo). 
”Book at Me” is giving free book cover to people which made by local creators and then do popularity contest. The event is expanded to another events called ” FACE at ME” which is professional photographers taking photo of people face and then make book cover with it. And another exhibit is called “BOOK BOOK Koukan” which is exchange books. These events did huge success.
 Mr.Ishida said Fukuoka city and Sapporo city are very similar. I hope we can have such a fun event in Sapporo in near future. 

by Manami Inoue from Sapporo