クルクル・ビュンビュン・グルーン・ピタ

札幌で行われるスノーボード・ストレイトジャンプの世界大会、TOYOTA BIG AIRへ行ってきました。会場の真駒内アイスアリーナには、ドーンッとジャンプ台があるほか、ライブ用ステージと沢山の屋台そして子供たちが遊べる遊具などがあり、子連れの家族からコアなファンまで多数来場していました。会場の充実もさることながら、ライダーたちのジャンプは圧巻でした。テレビで見るのとは訳が違う迫力と緊張感。急な斜面から人が飛び、クルクル・ビュンビュン・グルーンときてピタッと着地する姿をみたら賞賛の雄叫びをあげてしまいます。ライダーの痺れるジャンプに「ダブルコーク祭り!!」「この大会初ですよ~トゥエルブシックスティー」「メランコリーグラブが長いですね~」という解説も、意味は全然分かりませんでしたが、言葉の響きは格好いいし、ものすごく憧れました。ボードじゃなくマウスを握ってメランコリーグラブっていうと、3日間は家に帰ってない感じがしますしね。もし次回行くことができたなら、解説の言葉の意味が分かるくらいの予習をしてから臨もうと思いました。

by Naohiro Iwamoto from Sapporo

あめちゃんをなめながら

COMMUNEブログでも紹介させてもらっていたあめたまへインターンの山谷さん含めCOMMUNE一同お邪魔してきました。映像やインタラクティブから絵画まであり、展示作品の幅の広さにびっくりしました。同じテーマでもそれぞれひとりひとりの個性が出るものだなぁとしみじみ。私は自主的な制作物は恥ずかしくて誰にも見せられないので、こうやって展覧会を開いて堂々とアピールして人を呼べる、それだけであめたまメンバーのみんなを尊敬しちゃいます。“1人1枚までご自由に”の折り紙は全種類ほしかったけど我慢して、岩本さんに百人一首の解説をしてもらったり、1週間ぶりの川畑さんとキャッキャしてみたりと短い時間でしたが楽しく過ごしました。個人的には一番下の写真の雨の作品がお気に入り。たくさんの方にご来場いただいたみたいでよかったね、川畑さん。おつかれさま。
 
by Manami Inoue from Sapporo