生クリームのショートケーキは食べられないから。

わたくし井上、8月17日で25歳になりました。(パチパチパチパチ)

誕生日くらい早めに帰って、映画でも観たいなぁ…なんて思っていたところに、岩本さんの歌声と共にこのケーキが!わお!仕事は早々に切り上げて、みんなでおいしくいただきました。ごちそうさまでした。当日はTwitterやらFacebookやらのSNSでもたくさんお祝いのメッセージをいただいて、誕生日そのものより、その「おめでとう」のメッセージがうれしかった。文字だけのコミュニケーションがどうだとか、炎上がどうだとか、色々ありますけど、仕事仕事で人と疎遠になりがちな私には大事なツールだなぁと再確認。

忙しいなか私の好きなケーキを選んで買って来てくれた上田さん、美声を聞かせてくれた岩本さん、メッセージをくれたみなさん、ありがとうございました。

Me Inoue’s birthday came in 17th August and became 25years old. The day, I was thinking go back earlier than ordinary day and watching film but Wow! surprised cake with song by Iwamonto. Everybody stopped work and ate the yummy cake together. I’ve got lots of messages by twitter, Facebook and SNS. I was happy not because birthday, I was happy because I had “OMEDETOU” message. There is issue about “only writing communication” but no time to meet to friends like me, this communication tools are very important. Thanks for Ueda who went to buy my favorite cake and Iwamoto who sang by beautiful voice and people who gave me message.

by Manami Inoue from Sapporo

北海道のまん中で。(モッコキャンプ)

生まれて2回目の旭川。近いようで遠い北海道第2の都市で、今年3回目を迎えた旭川木工コミュニティキャンプ(以下AMCC)に参加させていただきました。初夏の雨の中、ゆっくりと始まったキャンプは2泊3日。そのあいだ、全国から集まった「ものづくり」にかかわる人たちが、木工の工場見学をしたり、森へ行ったり、旭川のおいしいごはんとお酒を楽しんだり。すごく大きな毛虫に声をあげたりもしたけれど、(あの毛虫はどんな蝶になるのだろう)長いようで短い素敵な時間でした。旭川という土地が、その土地の木工産業が、そこで働く人たちが、愛されていると強く感じました。今すすめているプロジェクトも1歩進んだかなーと思います。

It was second time to visit Asahikawa for me. The city is like not far but far and second biggest city in Hokkaido. I joined 3rd Asahikawa Wooden craft camp. It was 2nights camp in early summer, people from all over Japan who connected craft work. While the camp, people visited woodworking factory, went to forest, ate local yummy food and Sake together. I screamed by caterpillar but really enjoyed time in there. I felt wooden industry and people working at wooden industry at Asahikawa is loved Asahikawa. I think our project is also improved.

by Manami Inoue from Sapporo