365分の1

ニッポンらしさを持つ365のプロダクトを、日めくりカレンダーで紹介するプロジェクト「365日 Charming Everyday Things」がまもなくパリで期間限定ショップとしてオープンします。伊藤忠ファッションシステムの川島蓉子氏、HAKUHODO DESIGNの永井一史氏、アートディレクターの服部一成氏、建築家の田根剛氏、コピーライターの国井美果氏、Semitransparent Designによって組織される同プロジェクト。Ribbonesiaも365分の1のプロダクトとして販売予定です。Ribbonesiaのとらえ方は人それぞれですが、海外からは折り紙ににているといった反応が多く、日本らしい造形美を感じるようです。Ribbonesiaは引き算の造形、そぎ落としてそぎ落としてできるフォルムはシンプルで強いところは日本らしいものと言えるかもしれません。パリでの反応はどういったものになるのか今から楽しみです。

「365日 Charming Everyday Things」
2012年1月20日(金)~1月25日(水)
Bastille Design Center [74,Bd. Richard Lenoir 75011 Paris, France]
www.365things.jp

by Ryo Ueda from Sapporo