君の窓から

わたくし井上麻那巳、2012年8月をもちまして2年と10ヶ月お世話になったCOMMUNEを退職させていただきました。在職中お世話になった出来る限りの方々にはメールや直接お時間をいただいてご挨拶させていただいたのですが、連絡先がわからなかった方や面識はなくともブログを読んでいただいていた方々にひとことご挨拶をと思い、新天地大阪から最後のブログを書かせていただきます。

思えばこのブログを書き始めてからは(なかなか更新が滞っているときもありましたが…)初対面の方からも「ブログ読んでますよ」なんて声をかけていただくことも少なくなく、“COMMUNEの人”とか“上田さんのアシスタント”ではなく“COMMUNEの井上”として覚えていただけることも多かったような気がしていて、そんな機会を与えてくれた上田にはとても感謝しています。全国の上田ファンには私の記事はうっとうしかったかもしれませんが(笑)、小学生の頃は小説家になる!なんて夢を見ていた私としては久しぶりに文章を書くのはとても楽しくって、それと同時に写真の面白さにも気付かせてもらいました。飲み会でもイベントでも出掛ければ大きな一眼レフで写真を撮りまくり、ひとりで「いいねぇ〜」なんて言っていた私はさぞ変な子だったでしょう。

そんな私も、これから大阪を拠点に、ひとまずフリーランスのデザイナーとして活動していくことといたしました。そもそも人の役に立ちたくてはじめたデザインのお仕事ですが、7年半ほど続けて、ようやくほんの少し実現しはじめたような気がします。まずは思い通りを実現するための最低限のスキルと知識を身につけて。自分のことのように考えられる会社を見つけたら、尊敬すべき上司を支えるところから。それから2年ほど経ってやっとクライアントやエンドユーザの生の反応だったり手応えだったりを肌で感じられるようになってきました。人より早いスタートを望んだ割にはゆったりとした歩みですが、それが性分なのかもしれません。高卒未経験の私にチャンスをくれた前職の社長、上司には今でも深く感謝しています。その2人がいなかったら今頃私は何をしていたのか、想像もつかないぐらい現在の私には特別なことでした。

これまで、COMMUNEという基盤があるからできること、COMMUNEでしかできないこともたくさんありました。それを手放すことはとても惜しいことでもありますし、ひとりで何ができるのか、もちろん怖い気持ちもあります。ただ、その中にいてこれまで出会うこともなかった全国の方々と触れあう機会も増えて、窓の外を眺めるように北海道の外とグラフィックデザインの外を眺めている自分に気がついて。それはいつか漠然とヨーロッパに憧れていた感情とはまた違ったもので、もっと具体的な考えであり意思でした。COMMUNEから離れることは自分にとってはとても大きな決断でしたが、一度、やってみようと思います。

まだ用意はできていませんが、せっかくカメラも買ったので個人的にブログは続けていきたいなと思ってます。ウェブサイトや名刺などなども絶賛準備中なのですが、当面の連絡先はFacebookかメール manami@inncnc.com までいただけたらと思います。

最後に、COMMUNEで一緒に働いてくれた岩本さん、寺ちゃん、村田くん、スケさん、インターンに来てくれたみんな、クライアントのみなさま、富岡さん、長尾さん、福田さん、田中さんご夫妻、同じチームでお仕事させていただいたみなさん、麦さん、トオルさん、古瀬さん、濱上さん、東井さん、謙太郎さん、翼さん、凪さん、アフタートークのみなさん、色々と声をかけてくれる北海道のデザイン関係のみなさん、いつも刺激をくれて良き相談相手である有希ちゃん、阿部くん、あたたかく迎えてくださった関西の方々、世界のどこかでブログを読んでくれていた方々、そしてあたたかく送り出してくれた上田さんに感謝の言葉を。これまでとは違った形になると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

by Manami Inoue from Sapporo