寒いまちで熱いトーク









ペンギンは楽しそうに雪の上をおさんぽ。シロクマも元気にボールではしゃぐ。そんな冬の旭川で開催された、ASAHIKAWA DESIGN CAMP 2013に参加してきました。デザインキャンプは、旭川に札幌などからゲストを迎え、デザインについてのトークを繰り広げるイベントで、上田も2010年にゲストとして呼んでいただいたことがあります。そして、今年のゲストは映像演出家の石井K孝城さんと、最近一緒にお仕事をさせていただいているコピーライターの讃良奈央子さん。「ひらめき」というトークテーマのもと、仕事の進め方や仕事をする上で大切にしていること、アイデアの発想方法などについてのトークが行われ、普段の仕事に活かしたい考え方やヒントをたくさんお聴きすることが出来ました。中でも、讃良さんがお話しされていた、「みんながハッピーになる仕事をする」というお話がとても印象的でした。実際、讃良さんとご一緒させていただいたお仕事では、チームみんなが熱い想いを持ち続け、楽しく良いものを作ることが出来ました。石井さんも同じように、場の空気を作ることの大切さをお話されており、COMMUNEとつながりのある多くの方々がハッピーになれるような仕事をしたいと改めて強く思いました。そして、トークイベント後の懇親会「デザインナイト」にも最後の最後まで参加させていただき、熱いデザイントークが燃え尽きた頃には午前3時をまわっていました。ちなみに、最後の写真に写るお2人は、上田と共に2010年のゲストとして参加されたコピーライターの池端さんと、よくお仕事をご一緒する、昨年ゲストの麦さん。すてきなドヤ顔っぷりです。

by Kazuki Murata from Sapporo