Var är jag?

さて、私は今どこにいるでしょう?

Var är jag?

パリ?

Paris?

ロンドン?

London?

ローマ?

Rom?

宇宙?

Rymden?

いやいや、違います。私がいるのはストックホルム。(写真の黄色い旗には、「世界一美しい春」とスウェーデン語で書いてあります。)

Banderollen ovan skvallrar om ett Sverige som ivrigt väntar på våren. Jag befinner mig i centrala Stockholm.

アート・展示会に見えてもおかしくないですが、これはなんとデパートのショーウインドウ。中央駅T-centralenから徒歩で5分くらいでたどり着けます。

Vad man skulle kunna tro är en konstutställning är i själva verket en länga skylfönster. De tillhör det anrika varuhuset NK som finns på Hamngatan i centrala Stockholm, cirka 5 minuters promenad från T-bana T-centralen.

この建物はNKといって、名前はNordiska kompaniet(北欧商社)の略。ストックホルムでは、高級デパートとして有名です。通常のデパートを上回るものが造りたかったビジネスマンのJosef Sachsが1902年に設立しました。買い物だけではなく、「販売をする、文化にあふれた舞台」をストックホルムのお客さんに提供したかったそうです。

NK är en förkortning av Nordiska kompaniet, och grundades 1902 av affärsmannen Josef Sachs. Han bar på ambitionen att NK skulle vara mer än bara ett varuhus. Det skulle vara en “kommersiell och kulturell teater”, en scen för samtiden, som också speglade samtiden. Utöver shopping skulle miljön i sig inspirera och erbjuda kunden en upplevelse.

有名ブランドの店・レストラン・カフェなどはもちろん沢山ありますが、やはり印象深いのがショーウインドウ。12月になると、地元のカップルや家族が行列を作り、彩り豊かなクリスマスショーウインドウの公開を待っています。

まだ早いですが、クリスマスの報告をお楽しみに!

Trots att NK är fyllt av märkesbutiker, restauranger och kaféer tycker jag att NK:s utarbetade skyltfönster lämnar ett större intryck än det som går att hitta på insidan. I december förvandlas skyltfönstret i sanning till en scen, som lokala Stockholmare ivrigt köar för att få se. Då bjuds det på en spektakulär och färgsprakande julinstallation.

Ännu är det långt kvar, men jag återkommer med en julrapport i december!

Nordiska kompaniet
Hamngatan 18-20
111 47 Stockholm
 
 
by Felix Rosén from Stockholm.

さて、これはなんでしょう?


TEJP STOCKHOLMにて、実はこれ、すべてテープで作られた立体アート。
 

ここ、FÄRGFABRIKENにて現在行われているエキシビジョン、TEJP STOCKHOLMです。FÄRGFABRIKENを直訳すると「色工場」。元は塗料工場だった建物をモダンアート、建築のためのギャラリーに改装したそうです。
 

このテーププロジェクトはFärgfabrikenとTobias Rydinのコラボレーションによる作品です。Tobias Rydinは作家であり映画監督、キュレーターさらにはYKKY magazineというアートの雑誌を創っている多才なクリエイターです。このプロジェクトは、Tobias Rydinの今後発表される映画のための空間演出でもあるそう。
 

 

 

使っているテープの長さは全部で27500m。長過ぎていまいちどくらいの長さなのか想像できず...。
 

中に入ってみる。普通に大人が入っても壊れない位とても頑丈にできてます。
 

入り口にはメイキングの様子が見られるビデオが上映されています。
 
Numen/For use
TEJP Stockholm
2012.02.04 – 2012.03.17

by Makiko Watanabe from Stockholm

うん、いいなぁ


StockholmのKulturhusetにて。

町の中にベビーカーのパーキングを発見。うーんさすがだなあ、とちょっと感動。

I found pram parking. Wow how wonderful city.

by Makiko Watanabe from Stockholm

夏まっさかり

毎日、日本に負けず劣らずあつーいストックホルム。珍しく蒸し暑い日が続いているなーと思ったら、ザザーー!と大雨が降ってみたり。忙しい天気が続いています。夏のストックホルムの写真を何枚か。


Fredhäll(Kungsholmen)


Rålambshovsparken(Kungsholmen)


Rålambshovsparkenの水辺


Karlbergs slott付近。テニスをするために行った、テニスコートの脇の空き地に大量のうさぎ、うさぎ、うさぎ!22pmうさぎって夜行性なんですね。


湖のすぐ横にある、ロケーションがとても良いオープンレストラン。注文したお肉や魚介類を自分で焼いて食べるシステムです。天気のいい日に湖を眺めながら食べるのは美味しさ倍増。

Nyfiken Gul

Everyday very boiling like Japan in Stockholm this year, when continue very humid days then suddenly had squall. It is Very changeable weather. Here is Some Stockholm summer photos.

by Makiko Watanabe from Stockholm

らくらくお買い物

天気のいい日、ここÄlvsbyn(北極圏)ではおじいちゃん、おばちゃん、時々子供たちがみんなすいすいSparkでお買い物。

一度乗らせてもらった事があるのですが、すぅーっと前に進む感じがとっても気持ちいい。
日本でも雪の多い地域では、ちょっとそこまでお買い物という時には便利かもしれませんね。

こんな感じで駐車(?)してある姿がすごくかわいい。鍵もあるようですよ。

私も欲しいなぁーと、指をくわえて見ている毎日です。

by Makiko Watanabe from Stockholm