Cleaning brand “とみおかクリーニング” — VI, Sign, Open tools

とみおかクリーニング — VI, Sign, Open tools / 2012
Creative Direction: COMMUNE
Art Direction: COMMUNE
Design: COMMUNE
Printing Direction: Manami Sato[佐藤 麻奈美]
Production:COMMUNE
Client:Happy Tree & Co.Ltd

RITARU COFFEE — BRANDING

RITARU COFFEE — Brandin, VI, Sign, Package and Small Graphics / 2013
Creative Direction: COMMUNE
Art Direction: COMMUNE
Design: COMMUNE
Printing Direction: Manami Sato, Atsuhiro Kondo
Production:COMMUNE
Client:RITARU
 

by Ryo Ueda from Sapporo

HAPPY TREE & CO.LTD. — CI, Stationery, Website

HAPPY TREE & CO.LTD. — CI, Stationery, Website / 2010
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Film Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Manami Inoue [井上 麻那巳]
Copywriter:Kosuke Ikehata [池端 宏介]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂]
Movie Cameraman:Tsubasa Fujikura[藤倉 翼]
Web Director:Fumiaki Hamagami[濱上 文暁][Imaginary Stroke]
Printing Director:Manami Sato[佐藤 麻奈美]
Client:HAPPY TREE & CO.LTD.

最初に与えられた課題は、HAPPY TREEという社名に込められた、「みんなのハッピーの真ん中に立つ一本の木になりたい」という想いをどのようにして、アイデンティティにするかというものでした。それに対する答えは簡単、「幸せの木」をモチーフにするということです。しかし、木をモチーフにしたアイデンティティは世の中にたくさんあります。ということは、どのように描くかとということがそのアイデンティティにとっては重要な意味を持ちます。

幸せとは何なのか、それはその時々で違いますし、人によっても感じ方はそれぞれです。ただ、言えることは、幸せというものは、幸せの逆、つまり、幸せではないという状態があってはじめて存在しうるもので、どちらも欠けることのできない表裏一体のものであるということです。木そのものを描くのではなく、影を描くことによって浮かび上がる「幸せの木」のフォルムは、まさに「幸せ」という言葉がもつ深い意味を表すものになりうるのではないかと思います。そして、HAPPY TREEが、そこに関わる人にとっての「幸せの木」となることを願っています。

Art project “Ribbonesia” — VI, Promotion Kit, Flyer, Website, etc.

Ribbonesia — VI, Promotion Kit, Website / 2010
Artist : Baku Maeda[前田 麦]
Creative Director :Toru Yoshikawa[吉川 徹]
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]
Web Director:Fumiaki Hamagami[濱上 文暁][Imaginary Stroke]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂]
Printing Director:Manami Sato[佐藤 麻奈美] / Atsuhiro Kondo[近藤 篤祐] / Keiko Murakami[村上惠子]
Client:Baku Maeda[前田 麦]


イラストレーター前田麦さんのリボンでできた動物モチーフの立体作品「Ribbonesia」プロジェクトのロゴ、プロモーションキット、ウェブサイトなどグラフィックを担当させていただきました。ロゴはもちろんリボンがモチーフ、Ribbonesiaという架空の世界の紋章をイメージしたもの。デザインを進めるに当たり、作品そのものの強烈な個性を生かしつつ、どういう世界観をつくるかということが課題でした。最終的にはリボンという有機的で曲線的なイメージと、動物のいる世界や自然のイメージなどをエッセンスとして盛り込みながらも、あまりに世界観を作り込みすぎず、今後の展開次第でどこへでも進むことができるようニュートラルな世界観に至りました。今後どういうかたちでこの動物たちがその世界を広げていくのかが楽しみです。

最初に麦さんがたくさんリボンを持って事務所にやってきて、これでなんかつくってみないかと言われて一緒にやってみたんですが、自分はほんの15分ほどで形にならずあきらめてしまいました。数週間後、麦さんがプロトタイプを持ってきた時にはもうすでに原型ができていて、試行錯誤しながら形にするところまでやりきった麦さんにすごく感動・感心したのを覚えています。そして、まさかこんなたくさんの動物たちができあがるとは思ってもいませんでした。新しいモノを作り出す時にはやはり一筋縄ではいかないモノ。ここにあるたくさんの動物たちは、麦さんのアイデアとそれを形にしたいという情熱のたまものなのです。そして、このプロジェクトは、麦さんが最初にリボンを持ってきてから約2年を掛けて少しづつ作り上げてきたもの、これからも大事に育てていけるといいなぁと思っています。

Illustrator Baku Maeda’s project “Ribbonesia”started. We designed the brand Logo, promotion kit and web site.Brand logo’s motif is ofcourse Ribbon.  The brand logo design image was from fictional world “Ribbonesia”’s heraldic emblem. when designed this, the most challenging was don’t loose strong product’s individual impact and how make up Ribbonesia world.  In the end we decided to make neutral image.then the project can do anything.  I look forward to how it will be expanding in the future.

Fist time when Baku brought lot of ribbons to my office and said to me “I want create something by this” was 2years ago since then He tried really hard and became like this now.  I didn’t expected so many animals would  be created by his hand.  When create something new, be never easy.  Things in here were born by his ideas and his strong passion.  It takes long time but we want make it expand little by little.

Ribbonesiaニュースや詳細はこちらから

Ribbonesia web site
Ribbonesia blog
Ribbonesia twitter

French Restaurant “Aki Nagao” — VI, Sign, Open tools, Website

フレンチレストラン Aki Nagao — VI, Sign, Open tools, Website / 2010
Interior Design:Takashi Kuwabara[桑原 崇][mangekyo] / Yuiko Kodama[児玉 結衣子][mangekyo]
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Manami Inoue [井上 麻那巳] / Naohiro Iwamoto[岩本 尚浩]
Copywriter:Kosuke Ikehata [池端 宏介]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂]
Web Director:Fumiaki Hamagami[濱上 文暁][Imaginary Stroke]
Printing Director:Manami Sato[佐藤 麻奈美] / Atsuhiro Kondo[近藤 篤祐]
Production:COMMUNE
Client:Aki Nagao


 
by Ryo Ueda from Sapporo