Art project “Ribbonesia” — VI, Promotion Kit, Flyer, Website, etc.

Ribbonesia — VI, Promotion Kit, Website / 2010
Artist : Baku Maeda[前田 麦]
Creative Director :Toru Yoshikawa[吉川 徹]
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]
Web Director:Fumiaki Hamagami[濱上 文暁][Imaginary Stroke]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂]
Printing Director:Manami Sato[佐藤 麻奈美] / Atsuhiro Kondo[近藤 篤祐] / Keiko Murakami[村上惠子]
Client:Baku Maeda[前田 麦]


イラストレーター前田麦さんのリボンでできた動物モチーフの立体作品「Ribbonesia」プロジェクトのロゴ、プロモーションキット、ウェブサイトなどグラフィックを担当させていただきました。ロゴはもちろんリボンがモチーフ、Ribbonesiaという架空の世界の紋章をイメージしたもの。デザインを進めるに当たり、作品そのものの強烈な個性を生かしつつ、どういう世界観をつくるかということが課題でした。最終的にはリボンという有機的で曲線的なイメージと、動物のいる世界や自然のイメージなどをエッセンスとして盛り込みながらも、あまりに世界観を作り込みすぎず、今後の展開次第でどこへでも進むことができるようニュートラルな世界観に至りました。今後どういうかたちでこの動物たちがその世界を広げていくのかが楽しみです。

最初に麦さんがたくさんリボンを持って事務所にやってきて、これでなんかつくってみないかと言われて一緒にやってみたんですが、自分はほんの15分ほどで形にならずあきらめてしまいました。数週間後、麦さんがプロトタイプを持ってきた時にはもうすでに原型ができていて、試行錯誤しながら形にするところまでやりきった麦さんにすごく感動・感心したのを覚えています。そして、まさかこんなたくさんの動物たちができあがるとは思ってもいませんでした。新しいモノを作り出す時にはやはり一筋縄ではいかないモノ。ここにあるたくさんの動物たちは、麦さんのアイデアとそれを形にしたいという情熱のたまものなのです。そして、このプロジェクトは、麦さんが最初にリボンを持ってきてから約2年を掛けて少しづつ作り上げてきたもの、これからも大事に育てていけるといいなぁと思っています。

Illustrator Baku Maeda’s project “Ribbonesia”started. We designed the brand Logo, promotion kit and web site.Brand logo’s motif is ofcourse Ribbon.  The brand logo design image was from fictional world “Ribbonesia”’s heraldic emblem. when designed this, the most challenging was don’t loose strong product’s individual impact and how make up Ribbonesia world.  In the end we decided to make neutral image.then the project can do anything.  I look forward to how it will be expanding in the future.

Fist time when Baku brought lot of ribbons to my office and said to me “I want create something by this” was 2years ago since then He tried really hard and became like this now.  I didn’t expected so many animals would  be created by his hand.  When create something new, be never easy.  Things in here were born by his ideas and his strong passion.  It takes long time but we want make it expand little by little.

Ribbonesiaニュースや詳細はこちらから

Ribbonesia web site
Ribbonesia blog
Ribbonesia twitter

Tohoku Rakuten Golden Eagles — Season Seat 2009

東北楽天ゴールデンイーグルス — シーズンシート / 2009
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]/Minami Mabuchi[馬渕 みなみ]
Planner:Shinji Yoshikawa[吉川 慎二]/Tomoki Negishi[根岸 友喜]
Client:東北楽天ゴールデンイーグルス
 
 
100211_rakuten_ticket12

100211_rakuten_ticket13

100211_rakuten_ticket14

100211_rakuten_ticket15

100211_rakuten_ticket04

100211_rakuten_ticket10

100211_rakuten_ticket11

“toki ga kureta coffee”-the liquid coffee made from aged beans and natural water of Hokkaido — Package

時がくれたコーヒー — パッケージ / 2009
Creative Director:Kenichi Mearashi[明嵐 謙一]
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]/Minami Mabuchi[馬渕 みなみ]
Copywriter:Kosuke Ikehata[池端 宏介]
Photographer:Kazuaki Shibatsuji[芝辻 和明]
Acount Director:Yukiko Kudo[工藤 裕紀子]
Printing Director:Suminao Otsubo[大坪 澄尚]
Client:infini coffee

「時がくれたコーヒー」、その名前の通り、生豆を3年寝かすことで渋みを抜いた豆で淹れたコーヒー。熟成に適した涼しくて湿度の低い北海道で寝かせ、日本の名水百選のひとつ羊蹄山の雪解け水を使用し、25年間コーヒーを淹れ続けている札幌のinfini coffee、宮越さんがみなさんにお裾分けしたいという気持ちで商品化したモノです。

デザインコンセプトは、「職人」と「機能美」。長きにわたり磨かれてきた熟練の技は無駄が無く、多くを語らず、ただそのものの良さに磨きを掛け、勝負する。時間がたつことで決して古くなるのではなく味になる、そんな佇まいや人格をパッケージにも持たせることを目指しました。ロゴマークは長い時間を掛けて少しずつしたたるコーヒーの滴、ミニマルなフォルムはかなりの数の検証をしたうえでセレクト。「時がくれたコーヒー」は素っ気ないようにシンプルで何気ない書体ですが、にじんだ感じを出すために、ほんの少しだけ太らせています。商品ラベルには手垢や汚れがついても味になるように、油紙のようなトレーシングペーパーをセレクト。クラフト紙の商品リーフレットは、多くは語らず。たたんで閉じてラベルにし、わらのヒモでキャップにつけました。ミシン目で切り離すと広げて読めます。そして外箱にはロゴマークと商品名のみをのせ、洗練されたプロダクトのパッケージのように無駄のないデザインに。

今回は明嵐さんを始め、僕や池端さんなど制作に関わったスタッフで、最初にイメージをきちんと共有することができたことで、デザインが最初からほとんどぶれませんでした。それは、みんながこの商品に対して想いを持ち、共有できたからだと思っています。商品のデザインをするときは、作り手の気持ちを大切にしたいと思っていますが、僕らも制作プロセスで試行錯誤するうちに、いつの間にか作り手として、この商品をとても好きになりました。そんな想いがこもったコーヒーです。

TEAM NACS FILMS “N43˚” — VI, Poster, Flyer, Ticket, DVD cover, Goods, etc

TEAM NACS FILMS “N43˚” — VI, Poster, Flyer, Ticket, DVD cover, Goods, etc / 2008
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]/Minami Mabuchi[馬渕 みなみ]
Writer:Makoto Iwamura[岩村 真人]
Photographer:Asami Hoshino[星野 麻美]
Illustrator:Kodai Toyoshima[豊島 広大]
Editer:Takeshi Nagaya[長谷 武]
Printing Director:Shunsuke Kijima[木島俊介]/Yuki Ishiba[石場 祐紀]
Client:Creative Office Cue[クリエイティブオフィスCUE]
 
 

100211_n43_02

100211_n43_03

100211_n43_04

100211_n43_05

100211_n43_06

100211_n43_07

100211_n43_10

Chicken Pecker — VI・Sign, Menu, Leaflet, Package, Stamp Card, etc

チキンペッカー — VI, Sign, Menu, Leaflet, Package, Stamp Card, etc / 2008
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮]/Minami Mabuchi[馬渕 みなみ]/Natsumi Oguma[小熊 菜月美]/Daisuke Takada[高田 大輔]/Yuji Terada[寺田 侑司]/Kazuki Murata[村田 一樹]
Copywriter:Kosuke Ikehata[池端 宏介]
Photographer:Takuto Kosukegawa[小助川 拓人]
Printing Director:Takaaki Tsukada[塚田 敬昭]
Client:Chicken Pecker[チキンペッカー]

100218_chicken_sign01
photo by Tsubasa Fujikura

100218_chicken_sign02
photo by Tsubasa Fujikura

100218_chicken_sign03
photo by Tsubasa Fujikura

100211_chicken_pecker12

100211_chicken_pecker11

100211_chicken_pecker10

100211_chicken_pecker08

100211_chicken_pecker02

100211_chicken_pecker03

100211_chicken_pecker04

100211_chicken_pecker07

100211_chicken_pecker06

その名前の通り、こだわりの鶏肉を使ってハンバーガーや炭火焼き・から揚げ、どんぶりなど、
チキンをメインにしたお店です。新札幌駅の近くでもう17年も続いています。
自分も数年前、おいしいと聞いて食べに行った記憶があります。
素材や製法、安全、すべてにおいてオーナーのこだわりが行き届いたお店は、
素朴で、そしての想いがこもった、チェーン店とはまた違った良さがあります。
そんなお店のオーナーさんからのご依頼はとても嬉しいものでした。

デザイナーとしてその商品を本当に良いと思えるというのは幸せです。
ただ素直にデザインすれば、嘘や飾りの必要のないデザインになります。
デザインを良くすることで、お店に来てもらうことさえ出来れば、後は大丈夫。
食べてもらえればわかる、本物の味だから。

ロゴからサイン、メニューなどまでをリニューアル。
テーマは片田舎の看板。
ストレートにチキンの専門店であることが伝わるように鶏のシルエットに、
スタンプを押した文字を使用し、かすれや抜けの素朴さを生かした素朴な看板の形のロゴにしました。
そしてそのキービジュアルをリーフレットにも展開。
素朴なクラフト色に食べ物に合うビビットなグリーンを配色。
片艶クラフトを使用し、つるつるした面を内側、ざらついた面を外側に印刷。
パッケージの掛紙には、食べながら読んでもらえるように
チキンペッカーのおいしさの秘密を印刷。
まだ他のツールも制作中です。