Cleaning brand “とみおかクリーニング” — VI, Sign, Open tools

とみおかクリーニング — VI, Sign, Open tools / 2012
Creative Direction: COMMUNE
Art Direction: COMMUNE
Design: COMMUNE
Printing Direction: Manami Sato[佐藤 麻奈美]
Production:COMMUNE
Client:Happy Tree & Co.Ltd

RITARU COFFEE — BRANDING

RITARU COFFEE — Brandin, VI, Sign, Package and Small Graphics / 2013
Creative Direction: COMMUNE
Art Direction: COMMUNE
Design: COMMUNE
Printing Direction: Manami Sato, Atsuhiro Kondo
Production:COMMUNE
Client:RITARU
 

by Ryo Ueda from Sapporo

Petter Berndalen — Business Card

Petter Berndalen — Business Card / 2013
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Yuji Terada [寺田 侑司]
Production:COMMUNE
Client:Petter Berndalen
 

 

 

 

 

 
スウェーデンのフォークミュージシャンPetter Berndalen。彼との出会いは2013年夏、スウェーデンにてエコ活動に関わる人々を取材した際。彼の職業は音楽家だが、同時に社会活動家としての側面も持ち合わせている。2011年から、肉屋や野菜などの食料品を量販店で買わない“Husfadern”というプロジェクトを開始し、様々なメディアにも取り上げられている。そして今では衣料品や洗剤をも、直接生産者と対面して購入し、その活動を拡大させている。それは無駄や矛盾をはらんだ流通システムへの彼なりの意思表示ではあるが、極めて平和的なものであり、彼の優しくて温和な人柄を表している。また彼の音楽づくりは、彼のために完全にカスタマイズされたドラムやランプシェードを楽器として扱う独特のもの。実際スタジオで聞かせてくれた彼の曲は典型的なフォーク・ミュージックのイメージとは全く違い、圧倒的なテクニックと存在感があった。彼のアイデンティティを閉じ込めた名刺は、彼の見事なバチさばきとオリジナリティの高い音楽性を表現しデザインした。そして熱心にこちらの話を聞き、深夜まで取材に付き合ってくれた彼のキャラクターは、ゴールドに光るサインが物語るように、高貴で品格を感じるものでもあった。名刺のデザインにはやはり”その人”を反映したいと思う。きっと音楽だけをCDから聴いただけでデザインしていたらまた違ったデザインになっただろうと思う。

by Ryo Ueda from Sapporo

Yuko Ono Sthlm — Package

Yuko Ono Sthlm — お茶のパッケージ / 2012
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Yuji Terada[寺田 侑司]Kazuki Murata[村田 一樹]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂][GAZE fotographica
Client:Yuko Ono Sthlm

COMMUNE — Greeting in winter 2012

COMMUNE — 冬のグリーティングカード / 2012
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Naohiro Iwamoto[岩本 尚浩]Manami Inoue[井上 麻那巳]





















ペリペリという手触りと、開けるときの期待感。圧着ハガキをペリペリと開ける時、人はワクワクします。圧着ハガキの中に以前に作ったパラパラムービー作品集を挟み込んで圧着することで、外から見ると少し盛り上がっていて、「何かが入っているのでは?」という期待感を誘います。圧着が弱くて、届く前に少し開いてしまったりもしましたが、ペリペリを楽しんでもらえたのではないでしょうか。

Cigarette Brand “This”

Cigarette Brand “This” — Package / 2011
Brand Manager:Yoon Mun-Su
Project Manager / Creative Director:Duwon Lee
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Manami Inoue [井上 麻那巳] / Naohiro Iwamoto[岩本 尚浩]
Illustrator:Baku Maeda[前田 麦]
Client:KT&G

French Restaurant Blanc Vert — Website

French Restaurant Blanc Vert — Website / 2011
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Manami Inoue [井上 麻那巳]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂][GAZE fotographica
Web Director:Fumiaki Hamagami[濱上 文暁][Imaginary Stroke]
Client:French Restaurant Blanc Vert

   

   

   

   

   

   

   

   


   

Ribbonesia — The world of Ribbonesia book

Ribbonesia — リボネシアの世界 / 2010
Artist:Baku Maeda[前田 麦]
Creative Director:Toru Yoshikawa[吉川 徹]
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Ryo Ueda [上田 亮] / Manami Inoue [井上 麻那巳] / Naohiro Iwamoto[岩本 尚浩]
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂] / Mari Harada[原田 真理]
Editor & Writer:Toru Yoshikawa[吉川 徹]
Hair Make : Maya Kudo[工藤 摩耶]
Model : Like / Miyako Yamada[山田京] / Megumi Fujimoto[藤本恵]
Publisher:株式会社マイナビ

Natsuya — Tomato Ketchup

Natsuya — トマトケチャップ / 2011
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer: Manami Inoue [井上 麻那巳]
Copywriter:T.T
Photographer:Kei Furuse [古瀬 桂]
Client:なつ家

COMMUNE — Greeting in winter 2011

COMMUNE — 冬のグリーティングカード / 2011
Art Director:Ryo Ueda [上田 亮]
Designer:Manami Inoue[井上 麻那巳]
Copywriter:Commune
Photographer:Tsubasa Fujikura[藤倉 翼]

2011年、COMMUNEからの冬のグリーティング。ベンジャミン・フランクリンが広めた「Eat to live, don’t live to eat.(生きるためべに食べよ、食べるために生きるな。)」という言葉をもとに、私たちが今後クリエイションを続けていく上で大切にしたい言葉として「Eat to Create, don’t create to live.(創るために食べろ、食べるために創るな。)」という言葉をビジュアルと共に贈りました。大げさかもしれませんが、私たちは創るために生き、生きるために食べているのです。
 
This is greeting from Commune this winter. Based on with the words” Eat to live, don’t live to eat” Benjamin Franklin. We want to importance with the words”Eat to Create, don’t create to live.” May be it is over the top but we want to live to create, to live to eat.
 
by Ryo Ueda from Sapporo